鹿児島市 浩司家

知覧訪問の後は鹿児島市の繁華街の天文館にある浩司家へ。

ホテルにあったガイドブックに載っていたお店。

1人でも入りやすく、鹿児島名物も色々ある点が決めてでした。

運良くカウンターが空いており、さつま揚げ、キビナゴの刺身、鳥の刺身、メヒカリの唐揚げをオーダー。

メヒカリは後で調べたところアオメエソという魚。

身は弾力があり、小骨ごと食べられて美味しい。

塩もカレー塩など四種類あり食べ飽きない。

f:id:Bench200:20181119114411j:image

 

鳥刺しは歯ごたえ十分では鹿児島の甘い醤油ととても合う。

キビナゴの刺身は醤油でなく酢味噌で頂く。

キビナゴの淡白な味と酢味噌がよく合う。

f:id:Bench200:20181119114527j:image

 

そしてたまたま隣におられた御仁と少しお話しし、2件目はその方行きつけのスナックへ。

1件目、2件目もご馳走して頂く…。

初対面の観光客にここまでおもてなしをして頂いて感謝の気持ちしかありません。

私も他府県から来られた方には手厚くお迎えしようと思いました。

知覧で悲しい気持ちになりましたが、最後は鹿児島の方の温かさに触れられて非常に満足した旅になりました。

是非皆様も一度は鹿児島に行ってみてください。

 

f:id:Bench200:20181119115045j:image

 

知覧特攻平和会館

一度行かなければいけないと思っていた知覧特攻平和会館へ。

f:id:Bench200:20181118141037j:image

 

会館に来る途中にいくつも灯籠があるのでよく見てみると特攻隊員の方が描かれていました。

ネットでも隊員の方々の手紙を読んだことがありましたが、いざ現地に行ってみると涙なしには見学出来ません。

まだ10代、20代の方々が国や家族を守るために片道切符で沖縄へ向かう。

出撃前の写真はみなさん笑顔や明るい表情をしていましたが、夜は枕を濡らして泣いたという話もありました。

確実に明日死が来るとわかって時間を過ごすのは本当に辛かったでしょう。

まだまだやりたいこともあったし、行きたかったと思う。

隊員が家族宛に書いた手紙も本当に達筆で両親に対する感謝や気遣いの言葉、兄弟への言葉など本当に何度も涙が出ましたね。

隊員方がおられたから今の日本や自分があるのだと思いました。

手紙は家族へのものが中心でしたが、一つ毛色の違うものがありました。

富屋食堂という隊員行きつけの食堂にあった手紙。

まさに我々に向けられた手紙でした。

いつか日本人が堂々と肩で風を切って歩けるような立派な国にしてほしいという手紙でした。

その方は勉強もかなりされていたようで日本をイギリスのような国にしたかったと。

ただ自分は志半ばで居なくなってしまう。

後はあなた方に任せるといったことが書かれていた。

あとは韓国から来られていた方の話も。

日本国内には身寄りがいないので、食堂のおばさんに出撃の報告に行って何か歌ってくださいと言われると、故郷のアリランを歌われたそうだ。

 

見学を終えた後も悲しい気持ちは残るが、他の英霊が祀られている場所にも行ってみようと思った。

明石 江洋軒

外交で明石に行ったので、今日は江洋軒の焼きそばへ。

 

f:id:Bench200:20181109112520j:image

 

明石といえば寿司もおいしいのだけど、ここの焼きそばもなかなか旨い。

お皿が小さいので2皿頼んでちょうど。

一皿400円。

他にワンタン麺もありましたが、皆さん大体2皿頼んでますね。

麺はやや太めでモチモチ、ソースはちょっと甘めで備え付けの酢を軽くかけても旨い。

昼からビール飲みたくなったけど、仕事なので我慢。

オフの時に来て、お寿司、焼きそば、明石焼きと色々ハシゴしてもいいかもしれませんね。

モロッコ料理 ラバラカ

阪急河原町駅付近にあるモロッコ料理へ。

 

写真撮り忘れてしまったので、感想のみです。

 

店はテーブル席中心でやや狭目。

 

ロッコ人?のオーナーと日本人のおばちゃん2人で切り盛りされていました。

ロッコ料理は初めてでわからないのでコースをオーダー。

サラダ、定番料理のクスクス、スープ、牛肉のタジン、羊肉の串焼きが出てきてかなりのボリューム。

私は一緒に行った方の分まで食べたのでお腹いっぱい。

クスクスはお腹の中で膨張するらしく、帰りは腹痛と膨満感との闘い笑

ロッコ料理は見た目ほど意外にしつこくなく野菜もしっかり使っておりヘルシー。

デザートはナツメヤシの実とあまーい紅茶。

このナツメヤシの実が中東ではよく食べられるらしい。

意外に癖が少ない外国料理でした!

明石乗合船 名田屋

今日は乗合船でハマチ、メジロ狙いで明石へ。

さすがベストシーズンで天候が良いだけあって、船は満席。

お祭りが続出する事態に笑

 

明石海峡大橋付近でノマセを早朝から正午ぐらいから行うも船でトータル十匹くらいの釣果。

私は根掛りのみ笑

 

正午からはタコ釣りへ。

人生初めてのタコを釣り上げられて良かった。

タコはみなさんよく釣れてましたね。

 

いつもは海鮮を食べる側ですが、今回釣る側の話でした。

岸和田一文字

最近海釣りにハマってます。

 

以前はバス釣りによく行ってたけど、海の魚は食べられるし、何より狙えるターゲットが多い。

バス釣りしてたので、やはり海でもルアー釣りが中心で、最近はショアジギングを練習中。

今日は岸和田一文字へ。

7時の渡船で人気ポイントの沖の北へ。

外の外洋向きは人だらけでキャスティング出来ず。

仕方なく内向きにメタルバイブをキャスティングしてるとゴンと大きな当たりが。

上手くフッキング出来ずバラしましたがなかなか重い引き。

数度同じことがあり、ようやくフッキングして水面まで出てきたのはタチウオ。

ランディング前にバラしてしまったけど、先ほどの当たりも恐らくタチウオだったのだろう。

8時から9時頃まではアタリがあったけど、それ以降は反応なしで13時に納竿。

帰りは岸和田のうどん蔵 きたのへ。

f:id:Bench200:20181028191516j:image

 ダシはやや甘みがあるが、うどんは適度な腰があってとり天もサクサク。

とり天は結構脂も多めでパサパサ感なし。

これは美味いわ。

岸和田駅の近くだしおすすめ!

 

アニサキス

昨日からみぞおちあたりが周期的に痛む。

 

痛みが来る前に寿司屋に行ったのでおそらくそこで当たったかと思われる。

今回でアニサキスに当たるのは5回目くらいか笑

今までは〆さば、秋刀魚のお造り、鯖のお造りで当たっていた。

今回は鯖も秋刀魚も食べてないんだけどなぁ…

心当たりあるなら、鰹のタタキかコハダの酢の物か。

鰹はともかくコハダにアニサキスいるなんて聞いたことないし。

正露丸が痛みに効くとかネットに書いてたので、飲んでみたがあまり効いた気はしない笑

正露丸の成分がアニサキスの活動を抑えるらしい。

 

あとネットでアニサキスはわさび、生姜、酢などで死ぬとか書いてるけど死にませんから笑

あと噛めば大丈夫と書いてる人もいますけど、実際にアニサキスそのものを食べた人が言うにはプラスチックを噛んでるみたいな感じだそう。

そんな簡単に噛み切れるものではないよう。

一度当たった人は体内にアニサキスが入るとアレルギー反応起こすようです。

正に私だ笑

 

ナマモノを食べるのはそれなりにリスクを伴う行為ですね!